被害者 40代/女性/会社員

被害者 40代/女性/会社員

傷病名 頸部挫傷、腰部挫傷、

両膝挫傷、外傷性腰部椎間板症

後遺障害 併合14級
賠償額(依頼前) 45万5,000円
賠償額(依頼後) 300万円

増額した賠償額 254万円

■自己の概要

信号機のない交差点(相手方に一時停止標識あり)の出会い頭事故。

相手方が一時停止しないまま交差点に進入したため、当方車両の右後部に衝突した。

 

■主要争点(法的問題点)

1.傷害慰謝料

2.休業損害
依頼者は、会社員として収入を得るかたわら、家事労働も行ういわゆる兼業主婦であった。事故による負傷の痛みが強かったものの、痛み止め注射等で会社での休業を少なくしていたため、減収はそれほどなかった(むしろ事故前年よりも増収となった)

3.後遺障害逸失利益の期間
腰部椎間板(L4/S1)に他覚症状があることから、67歳までを主張。

4.過失割合

 

■争点等の結果

1について
裁判基準額まで増額。

2について
勤労収入に減収があまり認められないものの、休業期間全期間128日の30%が休業損害として認定された。

3について
裁判所和解案では5年とされる(基礎収入は賃セン)。ただし、より詳細な主張立証をすれば5年以上の逸失利益が認められ得るとの心証開示もされた。(本裁判では依頼者に既往症があったため、素因減額リスクを考慮して詳細な立証を断念する。)

4について
当方1:相手9

PAGE TOP