弁護士法人金国法律事務所ロゴ

24時間web予約
052-446-6331
  1. HOME
  2. 解決事例
  3. 70代/女性/主婦

被害者 名古屋市 
70代/女性/主婦

増額した賠償額 210万円
詳しくはこちら

傷病名 頚部挫傷、
腰部挫傷
後遺障害 併合14級
賠償額(依頼前) 150万
賠償額(依頼後) 360万円

■当事務所が交渉した結果、当初の2倍以上の示談金を獲得できた事例

150万円→360万円 後遺障害:併合14級

ご依頼者様(主婦)は、7か月余りにわたって通院し、首の痛みなどの後遺障害が残りました。当事務所の受任前、相手の損保から提示されていた示談額は、約150万円でした。この金額は、弁護士が就いた場合に認められる金額よりもかなり低い金額でした。

そこで、当事務所は、首の痛みなどで家事ができなくなったことを、相手の損保に対してできる限り具体的に示していきました。それを通して、休業損害や慰謝料の金額について、粘り強く交渉していきました。

その結果、受任前に提示されていた金額の倍以上の金額である約360万円で示談することができました。

治療の終了後、相手の損保が提示する示談額は、適正な金額よりもかなり低い金額であることが多々あります。このようなとき、弁護士へ依頼して示談交渉すると、当初の提示額よりかなりアップすることもあります。当事務所へご依頼いただければ、相手の損保と粘り強く交渉し、大幅なアップを目指すこともできます。

相手損保との示談交渉でお困りの方や、相手損保から提示されている金額が適正かどうかわからないというは、ぜひ一度当事務所までご相談下さい。



24時間web予約

webでのお問い合わせは24時間365日受付中

052-446-6331

無料相談窓口:月~金 9:30 - 19:00

ページトップへ戻る