交通事故に関する相談は弁護士法人 金国法律事務所へ

お問い合わせ

KANEKUNI LAW OFFICE

車を買った際、必ずといっていいほど損害保険に入ると思います。
あらかじめ各種の保険について知っておくと、事故に遭った際も何かと助けになります。
このページでは、損害保険のうち、代表的で知っていると役立つものについて紹介します。

自賠責保険と任意保険

自賠責保険とは、事故の相手方の人身損害について、一定額を上限として支払われる保険です。自賠責保険は、車を運転する場合、必ず加入しなければなりません。

それに対し、任意保険は、相手方の人身損害のうち自賠責によってはカバーできない部分や物的損害をカバーする保険です。現在、任意保険の内容は対人無制限となっているものが多いと思います。

自賠責保険と任意保険の両方に加入している場合、まずは自賠責保険から支払われます。そして、損害額が自賠責保険の上限を超えた場合、その超える部分は任意保険から支払われます。例えば、自賠責保険の傷害部分は120万円ですが、人身事故が起きた場合、被害者には治療費や慰謝料などのうち120万円までは自賠責保険から支払われ、120万円を超える部分は任意保険から支払われます。

人身傷害保険

人身傷害保険とは、事故によって自分が負ったケガによる損害を、自分の過失にかかわらず補償する保険です。

人身傷害保険のメリットは、自分の過失にかかわらず補償される保険ですので、過失割合があっても減額されない点です。一方で、人身傷害保険で認められる損害額は、相手に対する損害賠償の請求において認められる損害額(裁判で認められる金額)より低くなるのが一般的です。このため、自分に過失がある場合、人身傷害保険を先に受け取る方がよいか、相手に対する賠償を先に受け取る方がよいかを見極める必要が出てきます。

弁護士にご依頼いただければ、ご依頼者様の利益が最大となるよう、人身傷害保険や、上記の点の見極めについても適切なアドバイスを提供することができます。

車両保険

車両保険とは、自分の車に生じた損害をカバーするための保険です。人身傷害保険と同じく、自分に過失割合がある場合でも、自分の過失にかかわらず補償されます。

弁護士にご依頼いただければ、車両保険についても適切なアドバイスを提供することができます。

弁護士費用特約

任意保険にオプションとしてつけることができる特約です。近年は損害保険に標準装備されている場合も増えてきました。

事故の被害者になり弁護士に相談・依頼する場合、弁護士費用特約があれば、弁護士費用のうち300万円まではご加入の任意保険会社から支払われます。その結果、事故に遭っても、弁護士費用の心配なく弁護士へご依頼いただくことができます。

事故に遭われた場合(あるいは事故に遭った時に備えて)、一度ご自身の保険証書で弁護士費用特約がついているかどうか確認されると良いでしょう。

↑ページのトップへ