交通事故に関する相談は弁護士法人 金国法律事務所へ

お問い合わせ

KANEKUNI LAW OFFICE

単純な追突事故を除いて、多くの事例で過失割合が争いになります。 過失割合は、全損害項目に関わってきますから、過失割合が争いになると、結果として金額が大きく異なってくることもあります。したがって、過失割合は、交通事故においては極めて重要な問題といえます。

感情論ではなかなか適切な解決を図ることができません。客観的な資料に基づいた事故状況の主張が大切といえます。

交通事故に関する資料を適切に収集し、それらを十分に精査した上で、交渉や訴訟の場において的確な主張をすることが不可欠といえます。

過失割合はどうやって決まるか

過失割合は、「民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準」という本に事故類型ごとにまとめられています。我々弁護士も、この本を参照しながら、具体的な事故態様を踏まえ分析し、過失割合について検討を加えます。

しかし、この本は、あくまで過失割合についての目安であり、具体的な事故状況によって数多くの修正要素が御座います。

また、この本以外にも、数多くの資料集や裁判例等を分析し、緻密な判断をしなければなりません。

具体的に過失割合がどのようになるかは、ご依頼者の方から事故状況を詳しくお聞きしたうえ、資料を精査する必要があります。

過失割合についての資料の収集

過失割合について適切な主張をするには、必要な資料の収集が欠かせません。例えば、警察や検察庁から、実況見分調書(警察官が事故状況を書いた図面)、物件事故報告書などの資料を取り寄せる必要があります。

その上で、それらの資料を精査する必要があります。 場合によっては、実況見分調書から、事故時の双方の速度を割り出すことができる場合もあります。

事故状況を的確に把握し、過失割合について効果的な主張を行うためには専門家の判断が不可欠といえるでしょう。

↑ページのトップへ