交通事故に関する相談は弁護士法人 金国法律事務所へ

お問い合わせ

KANEKUNI LAW OFFICE

家族が突然交通事故で亡くなった・・・。
昨日までいた家族が、事故によって突然いなくなってしまったことによる喪失感は計り知れません。ご遺族の方は、突然の出来事に直面し、物心両面において多大な負担を抱えることになるでしょう。

我々、弁護士は、かかる死亡事故において正当な補償を可能とするため、ご遺族の方を最大限サポート致します。

死亡事故の場合、以下のとおり、相手に対して請求できる損害賠償には、
①葬儀費用、②死亡逸失利益、③死亡慰謝料があります。
※この他に、死亡までに治療費を支出した場合は、その治療費も請求できます。

①葬儀費用

葬式等のために要した費用です。

②死亡逸失利益

「生きていれば得られるはずだった収入」
を失ったことによる損害です。

 この死亡逸失利益においては、保険会社側と被害者(ご遺族)側とで計算の仕方が異なる場合や、見解の相違が原因で、金額面に大きな差が生じるケースが多々あります。
弁護士に依頼することにより、適切な資料をもとに、適切な主張を組み立てていくことが可能になります。

この項目では、難しい問題を多く含んでいるので、弁護士に相談されることをお奨めします。

③死亡慰謝料

事故による精神的な苦痛を金銭で評価したものです。

死亡事故の場合、下記のような慰謝料も認められます。

①亡くなった本人の慰謝料
②ご遺族固有の慰謝料
※ご遺族固有の慰謝料が認められるのは、亡くなった方の父母、夫又は妻、子です。必ずしも相続における相続人には限りません。例えば、亡くなった方にお子さんがいる場合も、ご両親に固有の慰謝料が認められます。

↑ページのトップへ